海外から日本未入荷の商品を個人で輸入する方法

日本未入荷の商品とは

例えばJ crewという女性に人気のファッションブランドHollister Coという男性に人気のブランド。 人気はありますが、日本では販売しているショップが存在していないために購入するにはBUYMAや輸入代行をしているショップから購入しなければなりません。

しかし、そういった方法では販売者へ輸入してもらう手数料が発生するため、購入金額は高くなりますし、欲しい商品が販売していない場合もあります。

個人で輸入をする方法

そこで海外のショップから個人で商品を輸入する方が欲しい物を安価で手に入れることができます。

個人で輸入する方法は日本への配送が許可されているか、されていないかで異なります。

日本への配送が許可されているブランドサイトの場合

日本への配送が許可されているブランドサイトについては、オンラインでクレジットカードで決済を完了すれば商品を日本へ発送してくれます。配送が許可されているかどうかはサイト上の、Shipping InfomationやShipping&Handlingという項目に配送可能かどうかの記載があります。

日本への配送が許可されていないブランドサイトの場合

日本への輸入を代行してくれるサービスがあります。 それが「輸入代行サービス」と言われるものです。欧米や欧州に「輸入代行サービス」の業者は存在し、その業者へ購入した商品を届ければ、日本までの輸入を代行してくれるというものです。

詳しく説明すると、例えばアメリカでAという商品がほしくなったとします。しかしAは日本への配送ができない商品です。そこでAという商品をまずアメリカの輸入代行業者へ配送します。 次に輸入代行業者に日本へ配送してもらうよう依頼をして配送してもらいます。

この方法で簡単に輸入ができます。

どちらの輸入方法でも以下の注意が必要です。

注意1,お金のに関すること

アメリカならドル、イギリスならポンドという風に国によってお金の通貨が違っており、それぞれの通貨で円に換算が必要です。そのため、円安の時期か円高の時期かによっても値段の変動があります。 次に、送料も必ずチェックが必要です。

注意2,税金に関すること

輸入する際には関税という税金が発生します。税金は商品の種類や値段によって異なります。いくら関税が発生するかはこちらのサイトで確認ができます。

注意3,商品を直接見れないこと

オンライン上で商品を購入をするため、商品の質感やサイズを実際に見ることができません。届いたものが「思っていたのとは違う」ということがあります。

代行手数料が安い輸入代行業者

アメリカ

スピアネット

header_logo_spearnet

MyUS.com(英語サイト)

url

 

イギリス

転送ユーロ